RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
おめでとう

気功の仲間たちへ
あけましておめでとうございます。
年賀状誰にも出す余裕がなかったので、facebookとjugemで出しておきます。
中国では健身気功は着実に影響を広げ、またもともとの健身気功の範囲を越えて伝統気功の精髄を復権して行こうと言う意欲が見えてきたのは、とてもいいことです。
その他の各地の伝統気功については、かつてのような勢いがなく、医療気功も一部の現場で成熟している以外は停滞しているようです。しかし80年代以降気功が大きな文化として育って行ったプロセスは無駄な物ではなく、今後将来にわたる新しい中国文化を育てて行けるものと思っています。
私自身は導引、吐納、静定、存思、内丹の気功の五大部門の中で、とくにこれまで日本で伝統が全くなかった内丹気功を大いに訴え、愛好者を増やし、レベルアップをして、新しい潮流を作っていきたいと願っています。雑誌丹学研究を発刊し、丹学研究会を発足させ、研究会を積み重ねて行きます。中国の陳攖寧、胡耀貞の流れと結びついて、日中にまたがる研究体制を作って行きます。また日本で過去に深く丹学研究をしてきた幸田露伴の気功の立場からの研究を盛んにして行きます。もちろん気功のその他の四つの部門も離れる気はなく、郭林抗ガン気功と周稔豊の易筋の流れは引き続いて発展させて行きます。フィンランドやエストニアの仲間たちとは、今年も一月、六月に訪問して、これらのスタッフを育てる作業を進めて行きます。
気功文化、丹学研究そして露伴を読む会を一緒に支えてください。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 07:24
-, -, pookmark
お年賀

おめでとうございます。
ティオ・ぺペと米焼酎と安物のナポレオンと、おちょこにいっぱいずつ飲んで、30分ほどうとうとしているうちに、年が変わってしまいました。
とても平穏で、安静な新年ですが、世界中の、戦争や災害やその他のことで自分の家にいられない、數知れない人たち、「もうひとりの私」の幸福を祈っています。
幸田露伴全集の18巻を繰り返し読むうちに、表紙が少しばかりはがれてきました。たくさん書き込みをしたので、きれいなものをコピーのために取り寄せました。結局書き込み用とコピー用と43冊買ってしまうことになるのでしょうか。
今年もどうぞよろしく。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 07:23
-, -, pookmark
フィデル、お疲れ

カストロが死んだ。ずっと兄貴分と思って来たが、私より22も年上だったのだ。キューバは苦しい道を歩んで来たが、アメリカとは対極の「貧しくても安定した社会」を作って来た。そして溢れ出るような音楽とダンスをもった社会だった。葉巻は好きだが、飲まなくなって何十年にもなる。ラムは今でも飲み続けている。キューバ・リブレは反革命のカクテルだが、それでもうまい。ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの映像と音楽は大好きだった。セグンデもフェレーリも死んでしまったが、まだ私の中で歌い続けている。オバマが非常な苦労をして国交を開いたが、ラウルはとても警戒的だったし、少しも浮かれていなかった。ま、いい面も悪い面もあった。キューバの本体は変わらない。マーティン・クルーズ・スミスが『ゴーリキー・パーク』でソ連時代のモスクワを描き切ったように『ハバナ・ベイ』で見事なキューバ社会像を描いてみせた。何本かの指に入る傑作である。わたしにとってカストロはそういう大好きな空間を構築してくれた人だ。小さな島に、男たち女たち子供たちが生きているというだけで嬉しい。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:15
-, -, pookmark
印刷

今日は印刷所に行った。『気功文化』と『丹学研究に向けて』をそれぞれ200、『露伴月報集』を100作った。チラシを一種類と、二つのDVDの内容解説を20ずつ作った。『露伴月報集』はA5の幅をはみだしてしまったので、コピー屋のおねえさんが93%に縮小したりして版を作り直してくれた。40ページ分のコピー代は請求がないので、ありがたい。すみませんである。今日は一箱に入らないので店の人が二人で送ってくれてタクシーを止めてくれた。四時間くらいかけて、とりあえず明日持って行く分を20部ずつ作った。もちろん20部ずつなんて売れないが念のためである。『気功文化』は会員さんが大半だから、ただ手渡しすると送料が節約になるというだけだ。時間があれば一人ずつ会って雑誌を渡しパンフとか買ってくれと伝えたいところだ。ほかの二冊のパンフを買ってもらったとしても二冊で1000円だ。DVDなら新作が二本で5000円だからそれなりの収入になるが、約束した小原さんは持って来ない。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:14
-, -, pookmark
丹学研究会に向けて

《丹学研究会に向けて》がやっとできた。全くの書き下ろしではなく、今までにいろいろ書いて来たものを整理したものだ。
01 大同への道
02 中国の老子研究、陳攖寧・胡耀貞研究の動きとつながって
03 内丹学とは何か
04 道家、道教、道学、仙学の区別と連環
05 魏伯陽《周易参同契》とその周辺
06 張伯端《悟真篇》をどう読むか
07 鐘離権と呂洞賓
08 王沐《内丹養生功法指要》をめぐって
09 陳攖寧の仙学
10 胡耀貞の気功世界
11 内丹気功へのいくつかの入り口
12 丹学研究会のよびかけ
という中身になっている。実はいま製作中の『気功文化』とも一部文章が重複するので申し訳ないが、こういう時は「正しい事は何度でも言わなければならない」という毛語録をいいわけに使うことにしている。いっぺんやにへん言っただけでは伝わらないという経験をさんざんしてきた言葉なのだろう。
 28ページで、一応700円の定価がついている。主として次の次の日曜日に開かれる人体科学会に向けてつくったものだ。学者さんたちが相手だから、700円は高くないだろう。1000円でも高いとは思えないが、気功文化の会内でしっかり受け止めて欲しいから、この程度にしておいた。
 明日は三つ印刷に行く。『気功文化』の新しい号、これが20ページ。露伴全集月報の「露伴先生と神仙道」「仙書参同契私観」などを含む40ページのもの。露伴を読む会に入ってくれた人にはプレゼントするが、それ以外には500円で売る。そしてもうひとつ、『丹学研究会に向けて』だ。これも丹学研究会に入ると言ってくれた人には差し上げる。
 大道は胡耀貞の故郷である。胡麗娟さんを訪ねて来年三月にも三度目の訪問学習に行く。行ってみたいという人はぜひ声をかけてほしい。北京から10数時間の汽車の旅である。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:13
-, -, pookmark
中国製のドライバー

今頃外務省の担当者がどなりつけられているかも。自慢の日本製と思ったのに中国製とは。ニュースはこのことは沈黙。丸川氏のコメントもまじめくさって言っているがもちろんジョーク。

 

安倍首相、トランプ氏に中国製ゴルフドライバーをプレゼント © AFP 2016/ Cabinet Public Relations Office

日本 2016年11月24日 17:40
  米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏と安倍首相はすでにゴルフという接点を見出した。 ​先日の会談で安倍首相がトランプ氏に本間ゴルフのドライバー「BERES S−05 5S」(ロフト角9.5度)をプレゼントしたのはそのためだ。 非常にスタイリッシュなデザインで、メタリックとゴールドが調和的に同居している。トランプ氏の一番好きな色は金だという。同社サイトによれば、価格は3755ドル。
  ただし、のち明らかになったところでは、これは中国製だった。財政難により同社は2010年に中国人に買収されていた。 丸川知雄・東大教授によれば、ここには深い意味が隠されているかもしれない。贈呈品はいわばグローバリゼーションの象徴であり、これは保護主義政策を是とするトランプ氏への日本からの牽制であると見ることが出来る。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:12
-, -, pookmark
アメリカのシリア離脱

桜井ジャーナルから。

 ドナルド・トランプは大統領に就任する前から動き始めている。すでにTPP(環太平洋連携協定)から離脱することは表明しているが、それだけでなく、シリアでの戦争を終結させるために動き始めている。10月11日にはパリのリッツ・ホテルで約30名の政治家、実業家、外交官が集まってシリア情勢について話し合ったのだが、そこにはシリアの穏健な反対派(侵略勢力ではない)のランダ・カッシスやドナルド・トランプの長男、ドナルド・トランプ・ジュニアも含まれていた。

 またイスラエルの情報機関と緊密な関係にあると言われているDEBKAfileによると、トランプ政権で安全保障担当補佐官に就任する予定のマイケル・フリン中将はロシア安全保障会議の議長、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、ヨルダンのアブドラ国王などと秘密会談を行っているようだ。本ブログでも紹介したようにイスラエルはトルコやロシアと連携する動きを見せているが、ヨルダンとトルコがロシアやシリアと歩調を合わせたならば、侵略軍の兵站線は断たれ、勝負は決する。

 しかし、この連携はすんなりと進まないかもしれない。シリアの北部ではトルコ軍とシリア軍が衝突しているのだ。アメリカの好戦派としては、こうした対立を利用してアル・カイダ系武装勢力やダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)に対する包囲網を壊したいところだろう。

 アメリカ議会にはヒラリー・クリントン陣営と同じようにシリアを軍事的に破壊したいと願っている議員が少なくないようで、そうした勢力はトランプの大統領就任に会わせて「パープル革命」を目論んでいると見られている。その前にトランプは動き始めたと言えるだろう。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:10
-, -, pookmark
本気で怒れ

小沢一郎(事務所) ✔@ozawa_jimusho
「野党の怒りは茶番」発言の官房副長官が、トランプ氏やプーチン大統領らを指し「首相はおぼっちゃま育ちの割には不良と付き合うのが上手だ」とも述べたとのこと。外交上、非礼極まりない。こんなに大々的に国際的に発信されてしまって、どうするつもりなのか。これのどこが「地球儀俯瞰外交」なのか。
2016年11月24日 16:43

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:09
-, -, pookmark
トランプとマスコミの闘い

でもこんなに親切な人ははじめてだったのじゃないの。
みんなのビョーキを正面から言ってやったのだし。

 

ニューヨークポスト:トランプ氏との会談はCNNその他の「うそつき」メディア指導部にとって悪夢だった © REUTERS/ Carlo Allegri/File Photo

米国 2016年11月24日 19:48(アップデート 2016年11月24日 20:00) 短縮 URL1818260 米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏との会談はメディア各社指導部にとって悪夢だった。ニューヨークポストが伝えた。 
「テレビ局の指導部やMCらが集まり、大統領府へのアクセスの可能性を討議するのかと思いきや、トランプ氏特有のお叱りにあずかるだけだった」と匿名の情報源が同紙にコメントを寄せている。 それによれば、会談にはNBC、CNN、CBS、Fox New、MSNBCのトップら30−40人が参加した。 「トランプ氏は言った。『我々の今いるこの部屋はセールスメディアや非客観的メディアを代表する嘘つきで一杯だ。彼らはすべてのことについて間違っている』この言葉は居合わせたすべての者に対して発せられた。彼は(CNNワールドワイド社長)ジェフ・ザッカーを名指しし、CNNは嘘つきネットワークであり、そこでは誰もが嘘をついている、と述べた」と別の情報提供者。

ニューヨークポスト:トランプ氏との会談はCNNその他の「うそつき」メディア指導部にとって悪夢だった

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏との会談はメディア各社指導部にとって悪夢だった。ニューヨークポストが伝えた。

JP.SPUTNIKNEWS.COM|作成: SPUTNIK

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:07
-, -, pookmark
着物の本

今日の鞍馬口の古本屋。
もうほとんど真っ暗だったので、あまり探す気力はなかったのですが。
NHKブックスの『「原子力ムラ」を超えて』飯田哲也・佐藤栄佐久・河野太郎著。
「国土を汚し、子供を危険に曝した原子力ムラを解体しなければならない」と坂本龍一の言葉が腰巻きの惹句に。
南條竹則『満漢全席』中華料理小説。これはトイレにおいといてゆっくり読むかな。
著者名のない『死の手引書』データハウス。情報研究所というペンネームの著者(たち)が書いているが。「おもしろ実用マニュアル」とサブタイトル。あまり突っ込んだ内容でないが、視点が広い所が面白い。有毒植物のリスト、蜂やバッタや雀の料理の仕方、鼠や寄生虫、ノミ、シラミの殺し方、目障りな犬猫の殺し方、死因のワースト10、ガンやエイズ、事故死、自殺の仕方、戦死や腹上死、埋葬の手引き、各宗教での死に方、鳥葬ミイラ水葬など、死後の世界、地獄、幽霊、呪い、妖怪、ゆるやかな死、突然死、保険のいろいろ、公営火葬料、などなど。
『上品會写彩』という紐で和綴じにした立派な本を見つけた。カラーの着物見本である。上品會の素旨は龍村平藏さんが書いている。第三代の龍村平蔵が襲名した年だから三代目の初仕事だったのだろうか。いやこれは二十四年目の開催なので、初代の生きている頃のことだから昭和二十七年に始まっている。やはり初代の文章なのだろう。「古を翻へして、新しきを為す」という會風を作っていきたい、「併し乍ら貴重なる絹を用ひるには厳粛なる精神を要する点に深省して いやしくも人目を眩惑せしめ 優劣上下の識別を紛らかし 一時の効果を求むるが如き作風商法をとらず 先ず上善に礎を置き 自ら正美を致さむがために 一、志高く千歳の誠を貫かむとする織染繍纈纃の名家をすぐり 厳しく相警しめて上作に力むと共に 一、粛然たる鑑審査を加へて品定めを厳にし 下品を切り捨て 上品の名を辱めざらむ事を期するものであります」と厳しくも格調の高い文章。着物が49点、帯が40点、どれもいつまでも見ていたいような。一万八千円の定価がついている。それが四冊あった。二十五回、二十八回が二万円、二十九回が二万三千円なので、九万一千円分を400円で買ったことになる。当分楽しみである。

author:気功文化研究所・津村喬, category:津村日記, 02:05
-, -, pookmark